逆に肌トラブルも!? 美容オイルによる日焼けや油焼け

スキンケアに美容オイルを使用している方の中で、まことしやかにささやかれているのが“美容オイルが日焼けや油焼けの原因になっているのでは?”というもの。これが事実であれば、それはゆゆしき事態です。

美容のために使っているものが肌にダメージを与えていては、元も子もありません。では、このウワサ、実際のところどうなのでしょうか?

今回は日焼け、油焼けの要因と美容オイルの関係を探ってみたいと思います。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




日焼け・油焼けする真実とは?

美容オイルを使用するときの注意、日焼けとオイル焼け

日焼けは紫外線や熱の影響で肌が焼ける現象、油焼けは紫外線や熱の影響で肌にある油が酸化し、色素沈着してしまう現象を指しています。

ということは、たしかに朝のスキンケアの過程で美容オイルを塗ることで肌に油分を補給した後、外出する場合、日焼けや油焼けのリスクにさらされることになります。

しかしこの話には裏があるんです……。実は、日焼けしたり、油焼けしたりしやすいオイルというものがあり、それを使用している場合、という条件がついているんです。

まず、その条件に当たるものが、不純物の多いオイルを使用している場合。一般的にそれらの不純物が日焼けや油焼けの要因の一つとなりますので、美容オイル選びの際は純度100%のオイルを選択してください。


油焼けしづらいオイル選び

気になるオイル美容の疑問

次に油焼けしづらいオイルの特徴をお教えします。それは酸化しにくいオイルです。

例えば、ホホバオイルやアルガンオイル、ココナッツオイル、オリーブオイルがそれに当たります。この種類の美容オイルを使用している人は朝のスキンケアへの導入もOK!

逆に、油焼けしやすい(酸化しやすい)オイルは、馬油、グレープシードオイル、ローズウッドオイルなどが挙げられます。これらは、夜間に集中的に使用し、日中のスキンケアへの使用は控えた方がベターですね。

https://oil-biyou.com/how-to-choose/acid/

日焼けしづらいオイル選び

逆に肌トラブルも!? 美容オイルによる日焼けや油焼け

日焼けに関して言えば、ある種の美容オイルの中に、日焼け止め効果を持つものがあることが分かっています。それはホホバオイルとココナッツオイルです。これらの美容オイルは化粧下地や朝のスキンケア前のブースターとして使用すると、日焼け止め剤代わりになってくれますよ。

正しい知識を身につけて、油焼けしないように

“美容オイルが日焼けや油焼けの原因になるのでは?”という心配は、一方では正解、一方では大間違いの知識です。日焼けも油焼けも、その要因を知り、適した美容オイルを選べば心配なし! 早速、酸化しづらく日焼け止め効果のある美容オイルにチェンジしてみませんか?