覚えておきたい美容オイルの使い方~スキンケア編

最近、話題のオイルを使った美容法ですが、皆さんは美容オイルを正しく使えていますか? なんとなく塗っている……なんてことではもったいない! 美容オイルは、さまざまな使用方法があるんです。今回はスキンケア編と題して、スキンケアにおける美容オイルの使い方を伝授します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




美容オイルの使い方1.クレンジングオイル

オイル美容法、スキンケア

まずは王道の使い方、クレンジングオイルです。市販のメイク落としでもオイルタイプのものが多数販売されているので、オイル美容法デビューの方も取り入れやすい方法ですね。

使い方はカンタン! オイル適量を手に取り、メイク落とし代わりにします。指でやさしくクルクルとマッサージするようにのばしたら、ティッシュでオフ。その後、洗顔、化粧水などのスキンケアを行いましょう。

美容オイルの使い方2.毛穴詰まりケア

次は、毛穴の詰まりや汚れが気になる方用のピンポイント使用法です。少量のオイルを指につけ、毛穴が詰まりやすい小鼻をマッサージしてみてください。オイルに含まれる成分が角質を柔らかくし、毛穴の汚れを落としてくれますよ。

美容オイルの使い方3.ブースター

洗顔後、化粧水前のブースターとしても美容オイルは有効的です。オイルは肌の浸透力をサポートしてくれる働きがあるので、いつもよりも化粧水の成分がしっかり浸透していく感覚を得られるかもしれません。

美容オイルの使い方4.マッサージオイル

マッサージ店などでのオイルマッサージ同様、美容オイルで肌をマッサージすることは肌のターンオーバーを正常化させるなど、いいこと尽くめです。ただし、目元など、敏感な部分は避けてマッサージしましょうね。

美容オイルの使い方5.オイルパック

最後はオイルパックです。適量のオイルを顔全体に薄くのばししばし放置。オイルのしっとりした手触りが好きな方はそのまま、ベタつきが気になる方はティッシュでオフすれば完成です。

美容オイルの利用方法はたくさん

美容オイルはスキンケア一つをとってもこんなに使い方のバリエーションが豊富なんですよ。また、美容オイルはセレクトするオイルの種類によって、汚れ落とし効果の高いもの、保湿効果の高いものなど、その効能に差があります。

自分の肌質、求める効果や好きな香りなどからお気に入りの一本を選んで、ぜひ一度、普段のスキンケアに取り入れ、美容オイルのパワーを感じてみてくださいね。ちなみに、美容オイルは少量過ぎても、大量過ぎても、肌に負担になる場合がありますので、製品の使用目安は必ず守って使用しましょう。