オーガニック美容オイルで赤ちゃんケア、3つの使い方おすすめ

美容オイルは、身体のどこにでも使えるオールマイティな美容液として、とても重宝します。でも、お肌にやさしいオーガニックのものを選んでおけば、赤ちゃんのお肌ケアにも使えるんですよ。

オーガニック美容オイルで行う赤ちゃんケアの方法として、3つの使い方を紹介します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




口周りのケア

美容オイル,赤ちゃん,使い方

オーガニック美容オイルを赤ちゃんに使用する際に、1番使いやすい使い方は、ミルクを飲んだ後や食事後の口周りのケアです。

ミルクが飛び跳ねたり、自分で食事をするようになると、スプーンやフォークの操作が難しく、顔にたくさんつけてしまいがちです。そんな赤ちゃんの食事後には、必ずお手拭きで口の周りを拭いてあげます。

赤ちゃんの肌はとても薄く乾燥しやすいので、口の周りを吹くたびに水分が失われてしまいます。

そのため口の周りを食事後に必ずケアしてあげたほうが、きれいな肌を保つことができます。そんな時に美容オイルを少しつけてあげると、かさつきを抑えて健康的な肌を保つことができます。


お尻のケア

美容オイル,赤ちゃん,使い方

2つ目の使い方は、お尻のケアです。

赤ちゃんのオムツ替えは1日に何度も繰り返されます。赤ちゃんによっては、乾燥肌の赤ちゃんもいます。

紙オムツがこすれるたびに、腰の周りの肌がカサカサしてしまう場合もあります。そんな時に美容オイルを使ってあげると、赤ちゃんの綺麗なお尻をキープすることができ、赤ちゃんもご機嫌です。


お風呂上りのケア

美容オイル,赤ちゃん,使い方

他の使い方では、やっぱりお風呂上がりのケアです。

赤ちゃんはじっとしていません。お風呂上がりにタオルで拭いてあげて、その後すぐにケアしなければなりません。美容オイルは伸びも良いので、素早いケアにとても向いています。

赤ちゃんをケアする時だけでなく、それをつけてあげるママも自分の体をケアするときに、使うことができるのでとても便利です。

美容オイルは、保湿ケアだけでなく、シワ対策やエイジングケア、フェイスマッサージまで用途もさまざまで、スキンケアに欠かせません。初心者からベテランまで使いやすくて高機能なオーガニック系美容オイルを比較しました。きっと自分に合った1本が見つかるはずです!