ひまし油を使ったパックで潤い肌を手に入れよう!効果とやり方

最近オイルを使用した美容法が様々注目されていますが、中でも多くの美容効果を実感することができると話題なのが、ひまし油によるパックです。

高い保湿効果で肌を潤わせ、様々なダメージから肌を守り、つやのある理想の肌へと導いていきます。

今回は、そんなひまし油を使ったパックの効果と、やり方について調べてみました。

スポンサーリンク




ひまし油とは?

美容オイル

ひまし油とは、トウゴマの種子からとれる油のことで、100%のものは特に年度も高くに美容に最適です。

ひまし油の主成分は、90%がレシノール酸というものでできており、抗炎症作用や抗菌作用があります。

さらに、メラニン色素の排出効果もあり、シミやくすみにも非常に効果的です。

ひまし油は、昔からその美容効果を注目され、多くの方に使用されてきました。現在では、美容目的で購入するのであれば、アロマショップかネットなどでオーガニックや無添加のものを購入することをおすすめします。

ヒマシ油パックのやり方

美容オイルの効果

まずは、洗顔で顔をきれいにしてから、ヒマシ油1~2適とお好みのオイル6滴を混ぜたものを顔全体に塗って、蒸しタオルを上からかぶせて5分ほど待ちましょう。

これだけでパックは完成します。

肌が非常に乾燥している時はごま油、中間肌の方はオリーブオイル、オイリー肌の方はホホバオイルがおすすめです。

空いた時間に簡単にできるパックなので、是非一度試してみてくださいね。

ヒマシ油パックの効果とは?

アーモンドオイルの効果と特徴

1.アトピーやニキビ改善

ヒマシ油に含まれるリノール酸、オレイン酸には抗菌・抗炎症作用があり、ニキビやアトピーによる炎症を鎮めていってくれます。

また、傷跡修復効果があり、ニキビ跡やアトピーのかき傷にも効果が期待できます。

2.新陳代謝を高めてくれる

血行・リンパの流れを抑止、新陳代謝を浴してくれる効果があります。ヒマシ油を使用することで、肌のターンオーバーを促し、肌をどんどん新しく生まれ変わらせていきます。

ターンオーバーが促進することでメラニンの蓄積を防ぎ、毛穴が収縮し、ニキビ跡改善にも効果的です。

3.保湿効果

ヒマシ油は高い保湿効果があり、パックをすることで不足している潤いを補うことができます。

乾燥肌を改善することはもちろん、乾燥によって起こる皮脂の過剰分泌などにも効果的です。

また、目尻や口元などの乾燥を防ぐことができるので、乾燥による小じわにも高い効果があります。

4.日焼け肌のダメージケア

日焼け肌のダメージも、ヒマシ油でケアしていくことができます。

保湿を行い潤いベールでダメージを軽減し、さらに抗炎症作用で日焼けによる赤みやかゆみも鎮めていきます。

また、新陳代謝を促してメラニンの蓄積も防いでいきます。

ひまし油パックでトータルスキンケア!

アーモンドオイルの効果と特徴

ひまし油を使ったパックの方法を紹介しました。

ひまし油には、さまざまな美容効果があるので、ぜひとも積極的に利用したいですね。

いつものスキンケアに加えて、スペシャルケアとして、ひまし油パックを取り入れてみてください!