アボカドオイルの美容効果とおすすめな使い方

森のバターアボカドは栄養たっぷりで、食べる美容液などと呼ばれることもあるほど女性にいい効果を与えてくれます。そんなアボカドから作られたアボカドオイルが海外では大人気になっています。

そこで、気になるアボカドオイルの効果や使い方などを紹介しましょう。

アボカドオイルとは

アボカドオイル

アボカドオイルは普段食べているアボカドの果肉部分から抽出されたオイルです。

良質な脂肪酸のオレイン酸やパルミトレイン酸がたっぷりで、ビタミン類まで入っています。クロロフィルが含まれているのでオイルの色がほんのり緑色をしていて、とても美しいオイルです。

アボカドオイルの美容効果

美容オイルの効果

1.保湿効果

脂肪酸は肌になじみやすくエモリエント効果がありますから、肌状態を整えるのにぴったりです。肌に浸透して脅威の保湿力で肌を守ってくれて、潤いを肌内に閉じ込めるサポートをしてくれます。乾燥を防いでしっとりハリのある肌を作ってくれて、きめ細かな肌を目指せます。

2.アンチエイジング効果

抗酸化作用が高くビタミンEが含まれていますから、アンチエイジングにも効果的です。活性酸素を抑えてくれてシミやしわなどの肌老化が起きにくくなり、見た目年齢を若く保てます。

3.ダイエット効果

良質な脂肪酸がコレステロールを減らしてくれて、血糖値が上がりすぎるのを防いでくれます。余分な脂肪が体に付くのを防いで、ダイエットをサポートしてくれます。ビタミンEが血行をよくしてくれますから、代謝が上がって脂肪を効率的に燃やせます。

4.腸内環境改善効果

脂肪酸の中には大腸まで分解されずに届くものがあり、腸の働きを高めてくれます。腸のぜん動運動が活発になって便のすべりをよくしてくれますから、便秘解消にも効果があります。お通じの悩みを改善できますから、お腹周りがすっきりしてきてボディメイクにも役立ちます。

アボカドオイルの使い方おすすめ

美容オイルの使い方

保湿力に優れたアボカドオイルはスキンケアにぴったりです。スキンケアの最後のふたとして1、2滴肌に伸ばしてあげるだけで、しっかり乾燥を防いでメイクの乗りをよくしてくれます。また、肌なじみがいいですから、ブースターとして化粧水の前に使うこともできます。

ボディケアに使うなら、お風呂上りの保湿オイルとして使うのがおすすめです。肌が温まっていてオイルが浸透しやすいですから、体の乾燥が気になる部分に薄く伸ばしてあげましょう。

ヘアケアにも最適で、保湿しながらドライヤーの熱から守ってくれます。ドライヤーを当てる前に1、2敵ほど毛先を中心にもみこんであげれば、しっとりとつやのある髪になります。

頭皮ケアとして使うなら、シャンプー前に頭皮マッサージをして湯船に浸かりましょう。15分ほどヘアパックしてあげれば頭皮が元気になってくれて、毛穴に詰まった汚れも落ちやすくなります。

アボカドオイルの保存方法

美容オイルの使い方と保存方法

アボカドオイルの賞味期限は種類にもよりますが、開封してからだいたい3ヶ月程度です。

他のオイルと比べると酸化しにくいですから、保存方法は冷蔵でなくても常温でも大丈夫です。夏場の暑い時期は傷みやすくなりますから、冷蔵保存してあげると安心です。

アボカドオイルの選び方と注意点

太もも,マッサージ,方法,オイル

アボカドオイルは用途によって食用と化粧品用に分かれています。スキンケアに使うなら化粧品用、ダイエットのために食べ物にかけたり料理に使うなら食用を選ぶのが大切です。

また、製法によっても残っている栄養価に違いが出てきます。低温圧搾法のものなら無添加でたっぷりと栄養が含まれていますから、こちらを選ぶのが良いでしょう。

まとめ

世界一栄養を含んでいる食べ物のアボカドから抽出されたオイルなので、スキンケアからダイエットまで幅広く役立ってくれます。

美容用に1つあれば全身に使えて便利ですし、食用なら体の内側から美容に役立ってくれます。さっぱりしていてクセのないオイルなので、美容オイル初心者さんにもぴったりです。