自分の肌質に合った美容オイルの見つけ方

自分の肌に合う美容液を見つけるためにはまず、自分の肌質のタイプを知ることが大切です。

皮脂や水分の量が目安になり、大きく4つのタイプに分かれます。自分の肌がどれに当てはまるか確認してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




水分と皮脂バランスで見る4つの肌質

美容オイル,小顔,マッサージ

インナードライ肌

皮脂が多く、水分が少ない人は、インナードライ肌です。

皮脂が多いため、鼻や額などにテカリが見られニキビができやすくなり、それに加えて水分が少ないため、カサカサしてしまうという特徴があります。肌表面には細かなしわも表れてしまいます。


脂性肌

皮脂が多く、水分も多い人は、脂性肌です。

皮脂が多いため、化粧崩れしやすく、水分の多さも加わりベタつきやすいのが特徴です。毛穴が目立ち、きめ粗い肌になってしまいます。


乾燥肌

皮脂が少なく、水分が少ない人は、乾燥肌です。

皮脂が少なく、それに加えて水分も少ないので、カサカサしやすく、肌荒れを起こしやすいのが特徴です。きめ細かくても艶がない肌になってしまいます。


普通肌

皮脂が少なく、水分が多い人は、普通肌です。

皮脂が適度にあり水分も多いため、比較的、肌トラブルを起こしにくいのが特徴です。きめ細かくみずみずしい健康な肌です。

自分の肌タイプを確認できたら、今度は、自分の肌質に合った美容オイルを選びましょう。


肌質別美容オイルの選び方

絶対に知っておきたい美容オイルの使用期限と保存方法

1.インナードライ肌

ローズヒップオイルや馬油などがあるので、試してみるといいでしょう。

肌のターンオーバーを正常化? ローズヒップオイルの美肌効果

美容のプロが愛用する馬油の美肌効果とは


2.脂性肌

抗炎症作用や抗菌作用に優れたココナッツオイルなどがおすすめです。

あのセレブも愛用!? うれしい効果いっぱいのココナッツオイル


3.乾燥肌

保湿力に優れた、アルガンオイルなどがよいでしょう。

肌トラブルに即効性?話題のアルガンオイルの美肌効果


4.普通肌

その健康的な状態を保ち、より美しくなれるように美容オイルでケアをしましょう。ホホバオイルなどから、始めてみてはどうでしょうか。

砂漠の植物から採れるホホバオイルの美肌効果とは?


自分に合った美容オイルで美肌作りを!

肌につけるだけじゃない!ホホバオイルの使い方

肌質別、おすすめ美容オイルの選び方でした。自分に合った美容オイルを見つけて、肌トラブルを抑えましょう。

美容オイルの多くは、顔だけでなく全身や髪の毛にも使用できます。ぜひ、手元に1本お気に入りを用意しておき、毎日のお手入れに使ってみてください。きれいな肌ときれいな笑顔で過ごせるといいですね。

オーガニック美容オイルおすすめ比較ランキング(ブレンド系)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク