ひまし油は唇にも使える?ひまし油を使ったリップケアの方法や効果

日々のメイクによるダメージやエアコンの乾燥で気づくとカサカサになってしまっている唇は、なかなか思ったようにメイクも決まらないですよね。

そんな唇のケアにも、今話題のひまし油はとても効果的なんです。

今回は、ひまし油を使ったリップケアの方法や効果について調べてみました。

スポンサーリンク




ひまし油はリップケアにも使えるの?

ひまし油

ひまし油はトウゴマの種子からとれるキャスターオイルで、脂肪酸を多く含みその90%がリシノール酸でできています。

そのため、肌から浸透すれば代謝を上げて肌のターンオーバーを促進し肌を新しく生まれ変わらせていくこともでき、血行やリンパの流れを改善していくこともできます。

またリシノール酸には、抗炎症作用や抗菌作用もあるので日焼けやニキビにより炎症を鎮める効果も期待できます。

そしてひまし油は非常に粘度が高く、においの少ないオイルだからこそリップケアにもピッタリで、リシノール酸の優れた保湿効果で乾燥しやすい唇を乾燥から守っていくこともできます。

口紅を塗る前にオイルをさっと塗るだけでも、唇に不足しがちな潤いを補いメイクをさらにきれいに見せてくれますよ。

ただし、ひまし油の成分が肌に合わず、唇がひりひりしたり荒れてしまう場合もあります。まずはパッチテストを行ったり、様子を見ながら使ってみてくださいね。

ひまし油で行うリップケアの方法は?

美容オイル応用編~自宅で簡単!手作りリップクリームの作り方

ひまし油は、そのまま少量手に取って唇にぬってケアすることもできますが、なかなか持ち歩くには大変です。

そのため、少々手を加えてリップクリームを作ってみてはいかがでしょうか?

必要なものはひまし油と好みのオイル、ミツロウだけです。

オイルは、オリーブオイルやココナッツオイルなどなんでも構いませんし、ひまし油は薬局でも手に入れることができます。

ミツロウは、ネットで簡単に購入することができます。

好みのオイル大さじ2、ひまし油大さじ1、ミツロウ5gをすべて鍋に入れ火にかけながら溶かしていきます。溶けたら容器に入れて冷まして固めて完成です。

この時、硬めがよければミツロウを多めにして、柔らかいほうがよければミツロウを少なくしていきましょう。

季節や気温によっても硬さは変化していくので、様子を見ながら好みの硬さを見極めていってくださいね。

また、ひまし油はもともと粘度が高く、ツヤが出るオイルです。そのため、ひまし油を多め、ミツロウ少なめにしてグロスを作っても、自然なつやが出てナチュラルメイクを楽しみながら唇のケアを行うことができますよ。

ひまし油を使ったパックで潤い肌を手に入れよう!効果とやり方