美容オイルを使ったマッサージ方法で目の疲れをほぐす方法

最近はスマホやパソコンで目を酷使することにより、目の疲れを訴える人も多くなりました。目の疲れは、目の下のくまの原因になったり、シワやたるみを引き起こすだけでなく、眼精疲労などの深刻な症状をもたらすことにもなります。ですから、早めに対策を行いたいですよね。

今回は、美容オイルの使い方の一つとして、目の周りの疲れをほぐすマッサージ方法を紹介します。


スポンサーリンク




目の疲れをほぐすマッサージ方法

美容オイル,目の疲れ,マッサージ

まず、目の下、頬骨にそって、内側から外側へ向かって、指先でゆっくりと指圧しましょう。あまり力を入れすぎる必要はありません。この辺りにはツボがあるので、適度な力で押すと気持ちよく感じるポイントがあるはずです。

さらに、頬骨にそって、やはり内側から外側へ撫でるようにスッと指を滑らせるようにしましょう。


脳疲労や疲れた神経を休めるマッサージ方法

オイル美容

今度は、眉毛にそって、指で指圧していきます。眉のすぐ上を、眉頭から眉尻に向かって、少しずつ指をずらしながら押してみてください。次に、眉のすぐ下のラインも同じように刺激します。

この場合も、気持ちよく感じる程度のチカラで行うのがポイントです。

最後にこめかみをキュッと軽く押して終わりです。


マッサージの際に美容オイルを使ってみよう

美容オイル,目の疲れ,マッサージ

目の周りの皮膚はとても薄いので、刺激を与えすぎないことが大切です。また、お肌を摩擦してしまうとシワやシミの原因になってしまいます。

それを避けるためには、美容オイルを使って滑りをよくするのがおすすめです。

特にアロマ効果のある、自分の好みの香りの美容オイルを使うことで、リラックス効果やリフレッシュ効果を得ることもできるでしょう。


頭皮マッサージもあわせてやってみて

覚えておきたい美容オイルの使い方~ヘアケア編

目の疲れをほぐすためのツボは頭頂部にもあります。

ここを美容オイルを使ってマッサージするのもよい方法です。頭皮マッサージとして、行えば美髪ケアにもなりますよね。

このときも、ぜひお気に入りの美容オイルを利用してみてください。毎日もしくは数日に1回定期的に行うことで、目の周りがスッキリし、頭が軽くなってくると思いますよ。