敏感肌にもおすすめ手作りシュガースクラブの作り方

スクラブというと一般的にはソルトスクラブの方がよく知られているかもしれませんね。ソルトスクラブは、肌への刺激もあるので、敏感肌の人にはあまりおすすめできません。

でも、シュガースクラブなら、お肌にやさしいため、敏感肌の人でも利用できるんです。

そんなシュガースクラブ、販売されているものを使うのもよいですが、実は自宅でも簡単に手作りできるんですよ。今回は、敏感肌さんにおすすめな手作りシュガースクラブの作り方をまとめてみました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




シュガースクラブとは?

砂糖、シュガースクラブ

砂糖を主にしたスクラブで、肌に優しく古い角質を落としていくことができます。

さらに肌を保湿し浸透力を高め、もちもちのしっとり肌へと導いてくれます。

シュガースクラブを使用することで、普段のスキンケアもより浸透しやすくなるのも効果の一つです。

手作りすることもできるので、自分の好みの硬さや好きな香りでリラックスタイムを演出しながら、肌をケアしていきましょう。

敏感肌の方でも使えるシュガースクラブの作り方

はちみつ

砂糖だけでも効果が出るシュガースクラブですが、1:1の割合で砂糖とオリーブオイルを混ぜて作ると、さらに使い勝手もよく効果も高まります。

オリーブオイルの量を調節することで、固さを変えることもできますよ。

オリーブオイルは、エクストラヴァージンオイルがオススメです。

より保湿を高めたい方には、同じく1:1の割合ではちみつを混ぜる作り方がオススメです。

はちみつには、殺菌、抗菌作用もあるので肌荒れケアにも効果的ですよ。

この2つは、口に入れても安心なシュガースクラブですが、そこにお好みのアロマオイルを数滴たらして使用しても、リラックス感が高まりますので、是非試してみてくださいね。





シュガースクラブのアレンジ方法

シュガースクラブ、ofclay

例えば砂糖を三温糖に変えてみたり、オイルをココナツオイルやベビーオイルに変えてみても、肌に優しく馴染み、少し変わったシュガースクラブが作れます。

合わせる量は、混ぜながら好みの硬さに調整してみてくださいね。

また最近では、そこにニベアを混ぜてさらに保湿効果を高める作り方にも、注目が集まっています。

市販のものもたくさん販売されていますが、自作のシュガースクラブなら組み合わせは無限大です。自分の好みのシュガースクラブで、優しく肌をケアしてくださいね!

「ofclay」ミネラルボディジェラートmomo